inventory

個人的なまとめ

静電容量無接点(東プレクローン含む)の荷重を変えるMOD

静電容量無接点方式のキーボードでも荷重を変えるMODがあるようなのでまとめます。
※情報をまとめただけですので導入は自己責任でお願いします。

(1)BKE Redux Topre Domes

ラバードームを交換する方法です。
1キーに一つずつのようです。
35/45/60/90gまであるようです。
キーボードの配列を問わず、クローン含む全てで使えると思います。

チュートリアル

BKE Redux Dome Replacement Tutorial

ショップページリンク(keyclack)
https://www.keyclack.com/product/bkeDomeReplacements

(2)Electrostatic Capacitive Rubber Dome Sheet 35g, 45g, 55g, 65g

同じくラバードームを交換する方法です。
こちらはシート状になっているようです。
35/45/55/65gまであるようです。
東プレキーボードとの相性は良くないようです。

geekhackのページ(一例)

redditのページ(一例)

ショップページリンク(ebay

(3)軸部にスプリングを挟む

クローンキーボードでは+10gのスプリングを用いて45g化させる方法があります。
このスプリングがAmazonで単体で売ってます。
純正東プレスイッチでも使えると記載はありますが出品者が中国のようなので少し怪しいです。

ショップリンク(Amazon.jp)

(4)Realforce(all55g)のスプリングを用いる

この方法は純正東プレスイッチに使える方法です。
Realforceにはall55gのモデルがあるのですが、そのスプリングをHHKB(all45g)などと入れ替える方法です。
純正のスプリングを用いる方法なのて一番確実、高品質でしょう。

keychatterのリンク
https://www.keychatter.com/2015/07/21/how-to-moddifying-an-hhkb-with-55g-domes/